スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2019.11.17

コラムVol.116『スーチングルックでハンサムウーマン』

  • Category FASHION

 

“かわいい”から“ハンサム”へ

 

 ファッションの定番となったセットアップが少し変化しつつある。以前は韓国ライクなかわいさのあるセットアップがストリートでは多かったが、今季はハンサムでスーツライクな「スーチング」が増えた。スーツの素材またはスーツを使ったファッションコーディネートを指し、メンズライクなムードにトラッドのエッセンスを取り入れた、フォーマルなスタイルだ。

 

 2017年頃に本格化したヴィンテージブームの影響で、シングルのスリーピース、ダブルブレスト、チェック柄のトラッドで「レトロなジャケット」の着用者が少しずつ増加してきた。しかし、今の若者からすれば、それらのジャケットスタイルがブームになった時代を長く過ごしていない。だからこそ“レトロなアイテムは新鮮”と感じ、スーチングはトレンド化したのだろう。

 

 コーディネートはフォーマルに寄せすぎないように、インナーにカジュアルなロゴTシャツを合わせたり、上下をオーバーサイズ気味に着て、抜け感があるモダンなコーディネートに仕上げている。片側だけ肩を落として、あえてアンバランスに羽織ったり、ジャケットの上からベルトで締める着こなしも徐々に浸透しつつある。カジュアルダウンしたハンサムでモードなスーチングルックが、2020年以降は更にストリートに増えることだろう。

 

コンテンツをロード中