スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

  • 2020.11.05

    おしゃれマスクをリサーチ ADVANCED編

    ADVANCEDのストリートスナップを再開後、マスク姿の人も積極的に撮影するようにしていますが、マスクの品薄状態が緩和されると共に、オシャレマスクも減ってきているように感じます。 マスクが品薄だった頃には、マスクを持っていない人たちはガーゼや布マスクを洗って繰り返し使用するしかなく、服飾・繊維関係の作家や…

  • 2020.10.06

    ファッションへのコロナの影響 渋谷で100人に調査!

     秋の装いが増え始めた今日この頃。新型コロナウィルスのファッションへの影響を耳にするが、街はおしゃれをした人で賑わっている。今回は、渋谷のおしゃれな人、107人に新型コロナウィルスの影響を尋ねた結果を報告しよう。  毎月ファッションに使うお金は変化していない人が多く、5000円ほどの増減をしている人も多か…

  • 2020.06.26

    夏こそ映えるブラックコーデ

    夏こそ映えるブラックコーデ、本格的な夏到来までにおさらいしてみませんか?!   ついに今年も梅雨の時期が到来しましたね。 気象庁の速報で、関東は6月11日に梅雨入りしたという報告が。 どんよりとした空模様、じめじめとした空気感、せめて洋服だけは好きなものを着て気分をあげたいと思う人も多いはず。 …

  • 2020.06.17

    YouTubeで学ぶファッション

    お友達と久しぶりに会うことが増えた今日この頃。 何を着るか悩む方も多いのではないでしょうか? 今回は、おうちで安全にファッションが学べる YouTubeアカウントをご紹介します!     No.1  シトウレイチャンネル   有名ストリートフォトグラファーのシトウレイさんが YouTubeを始動。 「何…

  • 2020.06.01

    おしゃれマスクをリサーチ「New Tribe」編

      おしゃれマスクをリサーチ!「New Tribe」編   過去にNew Tribeのコーナーに登場した人たちや、普通以上にオシャレな人たちはどんなマスクをしているのでしょう? 今回はそんな方たちをピックアップしてマスク姿をご紹介! さすがに皆さん、こんな新型コロナ騒動の中でも自分のファッションポリシーが揺…

  • 2020.05.31

    コラムVol.129『“憧れ“から身近”にシフトした、ハイブランド 後編』

        ■若者の集客と顧客離れ    今までのハイブランドの客層は自由にお金を使える財力を持つ富裕層やハイブランド信者の30~40代以降が中心になっていた。20代の若者を取り込む為に多くのブランドが手を付けたのが、ハイブランド独特の“いかにも入りにくい”という店内の雰囲気を一掃した…

  • 2020.05.30

    コラムVol.128『“憧れ”から“身近”にシフトした、ハイブランド 前編』

        ■ハイブランドの変革期「お金を使わない若者」    エルメス、ルイ・ヴィトンなどに代表されるラグジュアリーなハイブランドはいつでも憧れの存在。職人技術に基づいた丁寧で繊細なモノづくりと、最新のデザインを取り入れたアイテムたちは、目で見ることだけでも楽しめる。そんなハイブランドや…

  • 2020.05.13

    おしゃれマスクをリサーチ!クリエイター編

      「おしゃれマスクをリサーチ!クリエイター編」   新型コロナウィルス感染症の拡大を受け、ファッション業界でも、クリエイティビティや縫製技術を活かした布マスクが作られています。 今回は、クリエイターたちのキュートなマスクをスタイルアリーナ独自の視点でリサーチしました。     &…

  • 2020.05.10

    コラムVol.127『イメージを覆したサテン』

      ■ナイトウェアからデイリーウェアに    ネグリジェやナイトウェアなどのイメージも強かった光沢感ある「サテン素材」が、昨年辺りからデイリーウェアとして取り入れられている。軽やかで重苦しいイメージは与えず、カジュアルな着こなしの一つとして確立した。アイテムはシャツ、パンツ、スカートなど幅…

  • 2020.05.08

    簡単!洋服リメイク術

      簡単!洋服リメイク術   肌寒さもなくなり、春の心地のよい天気が続いていますね。そろそろ衣替えに取りかかろうとする人や、自粛期間もあって、すでに衣替えを終えている人もいることでしょう。 そんな衣替えのタイミングを終え、少し時間がとれそうなときは、洋服のリメイクに挑戦してみてはいかがで…

  • 2020.05.03

    SNAP SEARCHを使ったおうちでのオシャレ時間

      SNAP SEARCHを使った、おうちでのおしゃれ時間の楽しみ方    スタイルアリーナが毎週お届けしていたスナップは、現在新型コロナウイルス感染拡大防止のためお休みしています。 そこで、これまでのスナップと共に楽しいおうち時間を過ごすためにスナップを見たい条件で検索する方法をご紹介します!…

  • 2020.04.30

    コラムVol.126『二強時代に突入したパンツシルエット』

      ■パンツは「裾」で選ぶ    今年地味にストリートに浸透しているボトムスが「スラウチパンツ」だ。スラウチは、“前かがみの姿勢、無精な、だらしない”という直訳から、“リラックスして履ける”と解釈され、広がったファッション用語。特徴的なのは裾に向かって細くなるテーパード…

  • 2020.04.29

    ファッションバイブルのご紹介

      ファッションバイブルのご紹介!   ワイドニュースはコロナの話題で持ち切り、SNSでは憶測や不満が飛び交っている今日この頃。先のことを考えるよりも、「好きな服をきて、行きたい場所へいく」そんな日常が早く戻ってきてほしい。素敵な服を見つけても、外出先も予定もない。 そんなときは、ファッショ…

  • 2020.04.20

    コラムVol.125『The trend of Double Breasted Jackets』

      ■バブル期ジャケットが再燃    トラッドなファッションが回帰しつつある、2020年。街中で人気を博した春アウターは「ダブルブレストジャケット」。左右の身頃が大きく重なり、縦にボタンが2列に配置されているのが特徴。多くの雑誌やメディアでも“今春のトレンド”として注目され、レディー…

  • 2020.04.02

    コラムVol.124『脱、セオリー』

      ■トップスにも拡がった「2way、3way」化    近年はアウターを中心に1枚で2way、3wayの着こなしを楽しめるアイテムが増えたが、ストリートを見ているとニットにも浸透しているのが分かる。そんなニットの中でも複数の着こなしができる筆頭アイテムが「カーディガン」だ。例えば下記写真のように、前後を…

  • 2020.03.23

    コラムVol.123『防寒性と機能性を兼備したキルティング』

      ■海外生まれの室内装飾がファッションに    今年、ストリートでよく目にしたデザインといえば、「キルティング」だろう。中でもアウターとしてのキルティングデザインが増え、年齢や性別を超えて愛されている。防寒性と軽さを兼備している優秀なアイテムの為、キルティングばかり着ている人も多かったの…

  • 2020.03.12

    コラムVol.122『上品さを引き立てるアウター』

      ■銀座を象徴するコート    今季の銀座・有楽町ではノーカラーコートとチェスターコートが主流アウターとなったが、新たに多く見かけたのが、「ガウンコート」。デザインはノーカラー、フード付き、トレンチ風など、バラエティに富んでいる。カラーはグレーやブラックの定番はもちろんだが、トレンドのく…

  • 2020.02.17

    コラムVol.121『回帰した“ロングブーツ”のNew Look』

        ■3度目のブーム到来    「流行遅れ」、「ダサい」という声が多く、これまではファッショントレンドになることがなかったロングブーツ。しかしこのロングブーツを象徴とし、2018年に引退した安室奈美恵によって、ミレニアムズ世代でロングブーツが注目されるようになった。じわじわとギャルブーム…

  • 2020.01.24

    コラムVol.120『ダサいからの脱却、トレンドへ返り咲いた”ムートン”』

        ■変化する価値観とデザイン    昨季から引き続きブームが続いているダウンとボアの冬アウターだが、今季は「ムートン」が主役と言っていいほどストリートで着用者が増加した。数年前までは、“ダサい”とレッテルをはられていたアウターだったが、今では筆頭トレンドとして名を連ねる…

  • 2019.12.28

    小西麗のあれが好き 〜ベレー帽〜

      小西麗のあれが好き 〜ベレー帽〜    本格的に冬、到来。めっきり寒い。乾いた冷たい風が吹いたら、ベレー帽をかぶる。    ベレー帽のいいところは、ニット帽よりもすっきりした印象になること。おぼこいニット帽もほっこりして冬らしいけど、ストールをぐるぐる巻いたり、ハイネックのニット着…

  • 2019.12.27

    コラムVol.119『頭角を現したCPOジャケット』

        ■着回しが利く万能アイテム    2019-20A/W注目アウターの「CPOジャケット」。トレンド感と着回し力を兼備した万能アイテムで、瞬く間にストリートへ浸透した。ちなみにCPOは「Chief Petty Officer」の略で、アメリカ海下士官のチーフのことを指す。彼らが着ていたウールシャツをアメリカ人より…

  • 2019.12.17

    コラムVol.118『秋冬に彩る“くすみパステル”』

      ■取り払われた「季節感」の概念    2019年秋冬トレンドカラーの「くすみパステル」。具体的には、ペールトーンに近く、彩度が低めでぼんやりとした淡い色合いのこと。よく春に使われることが多いカラーだが、近年は秋冬にも登場し、季節のイメージカラーに変化を見せている。コーディネートはミントカラ…

  • 2019.11.30

    コラムVol.117『イット・バッグに出世した巾着』

      ■時代回帰した江戸時代スタイル    今やユニセックスなバッグの定番として用いられ、愛されている「巾着バッグ」。近年のミニバッグブームに伴い、2017年頃から本格的にトレンドの仲間入りした巾着バッグはいまだに衰退する気配が全くない。もともとは江戸時代に小銭などを巾着に入れ、腰にぶら下げるこ…

  • 2019.11.25

    Cross ArtTech Fashion Show at Kyoritsu Women's University

      2019年度共立女子大学社会連携プロジェクト 「サステナブルファッションデザインによる地域連携」    2019年11月12日(火) 会場:共立女子大学 本館1Fロビー   共立女子大学は社会連携プロジェクトとして「サステナブルファッションによる地域連携」に取り組んでおり、北陸地域の大学、企…

  • 2019.11.17

    コラムVol.116『スーチングルックでハンサムウーマン』

      ■“かわいい”から“ハンサム”へ    ファッションの定番となったセットアップが少し変化しつつある。以前は韓国ライクなかわいさのあるセットアップがストリートでは多かったが、今季はハンサムでスーツライクな「スーチング」が増えた。スーツの素材またはスーツを使ったファッシ…

  • 2019.11.11

    コラムVol.115『左右非対称(アシンメトリー)の美しさ』

      ■不規則で不揃いな服の魅せ方    2018年に多く見られた「アシンメトリー」の波が、今季は更に加速している。元々、2016年頃にトレンド入りしたファッションだが、その後やや衰退し、2~3年ぶりに復活した。今夏トレンドだったワンショルダーのトップスもアシンメトリーファッションの1つ。続く秋口には…

  • 2019.10.30

    コラムVol.114『普段使いの新定番‟Tiffany”』

      ■変わりゆくティファニーの立ち位置    多くの女性が憧れ、上品で繊細なイメージの「ティファニー」。特別感のあるブランドジュエリーだったが、最近は男性や原宿・渋谷にいるカジュアルな服装の人からもファッションアイテムの1つとして普段使いされることが増えた。それは約2年前にティファニーが展開…

FASHION FASHION

コンテンツをロード中
1 2 3 4 5 6 7 8 9