スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2017.07.12

コラムVol.57『トレンドシューズの大本命』

  • Category FASHION

 

バレエシューズが人気の理由

 

 ここ数年、フラットシューズと言えば、カジュアルなスニーカーやスポーツサンダル、マニッシュなオックスフォードシューズなどが主流だったが、今年は圧倒的に「バレエシューズ」である。リーズナブルな値段と、どんなスタイルにも合わせやすいベーシックな形が支持を集めた理由。また、近年の白ソックスブームも人気に拍車をかけたと言えるだろう。白ソックス×バレエシューズの組み合わせは足元に存在感が出て、一気に今年らしいスタイリングになる。もちろん素足でも履くことができるが、最近は網タイツやレースといった透け感のあるものへと変化しながら、引き続きソックスとの合わせが人気なようだ。

 

                    

 

バレエシューズの形に変化

 

 今季のバレエシューズの大きな特徴はベーシックな丸みのあるラウンドトゥだけでなく、先の尖った、ポインテッドトゥも出てきていること。ポインテッドトゥは足を長く見せ、キレイめコーデにも取り入れやすい。フラットシューズのため、ワンピースやオールインワンなどと合わせても、程よくカジュアルダウンできる。その日のコーディネートや自分のスタイルに合わせて形を選んでみるのも良いだろう。

 

 

定番色からトレンドカラーまで

 

 色としては赤と黒が定番で使いやすく、ストリートでもよく見かける。特に赤は春夏マストアイテムである、スカイブルーのデニムと相性抜群で取り入れやすい。他にも黄色やオレンジなどのビビットなカラーの展開が店頭で目立ち始めているため、引き続き流行りそうだ。また、トレンドであるグリッターカラーにも注目が集まっている。取り入れるのが難しそうなグリッターアイテムだが、華奢でベーシックな形のバレエシューズにすることで、さりげなくコーディネートのポイントになる。

 

 

 ここ数年で“ヒールを履く人が少なくなったな”、と思っている人は多いのでは?特に若い層は今回のバレエシューズのようなフラットシューズか、スニーカーというように、ヒールをほとんど履いていない。今季においても「リゾートスタイル」がキーワードで出てくるなど、無理をしないオシャレ、自然体なオシャレ、というのが今の気分なのかもしれない。このような傾向の中でまたヒールがスタンダードとなる時代は来るのだろうか。今後のシューズのトレンドにも注目したい。

コンテンツをロード中