東京のストリートファッション最新情報 スタイルアリーナ

東京ストリートスタイル

Tokyo Street Style 東京の今が分かる!ストリートスナップを毎日更新!

Street Style

今週の総論

今週の総論

スタッフからのコメント

『Gジャンのポテンシャル』

 今冬のトレンドを振り返った中で、印象深いのが、ライトなアウターの上に冬コートを重ねる、「アウター・オン・アウター」のファッションスタイル。上級者のイメージが強いこのスタイルだが、近年は「インナーダウン」のブームによって、徐々にそのハードルは下がっている傾向にある。確かにインナーダウンはアウター・オン・アウターを確立させた、今冬を代表するアイテム。だが、その独走状態を許さず、待ったをかけたのが、「Gジャン」族だ。コートにGジャンという着こなしは、インナーダウンに負けず劣らず、男女ともに多く見掛け、ストリートファッションを席巻する人気スタイルになった。

 人気が加速した理由はドロップショルダー気味に着る、「オーバーサイズスタイル」が定着したこともあって、アウター同士をレイヤードする着こなしが無理なく実践できるようになったから。また、トレンドの「チェスターコート」や「トレンチコート」は上品でクラシックな趣が魅力だが、着こなしによっては堅苦しい印象を与えることもある。それをいとも簡単に解消し、抜け感を出す方法がGジャンをインすることなのだ。

 Gジャンは“シャツ感覚で使いやすい”という、アウターの中でもコンパクトでボリューム感が出にくいアイテムで、レイヤードをするには最適。アウターを脱いでも“サマになる”という点もメリットだ。更にインディゴの色合いは、春季に欠かせないベージュのトレンチコートとの相性が抜群にいいし、今年ブームの予感がするデニム・オン・デニムの着こなしもハマる。これは一見難しく感じるが、ベージュのコートで「表情」と「色」をプラスすることでクリアにできる。3月~4月に掛けては「デニム×デニム」と「アウター×アウター」2つの要素が入った着こなしをより見掛けるだろう。

 最後に1つ注意点。例えばロングコート、Gジャン、ネイビーのパンツを組み合わせたコーデの場合、アウターをレイヤードすると、どうしても上半身を中心に重さが出てしまう。しかも下はダーク系のパンツでより重さを感じる。軽やかにするにはGジャンのインナーに白のトップスを合わせる、または足元をロールアップしたり、白靴下を合わせて見せる事が必要だ。まだまだ、甚だしい寒さが続くこの時期では冬コートは手放せない。しかし、これから徐々に冬と春の要素をミックスした、新しい東京ストリートファッションを目にできると思うと、待ち遠しくてしょうがない。

今週の注目キーワード

ブランドランキング

トレンドサーチ結果やアンケート結果から最新のブランドランキング!

おすすめコンテンツ

▲ PAGE TOP