スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2018.08.31

小西麗のあれが好き ~紫外線対策~

  • Category BEAUTY LIFESTYLE

 

 

 

 誰がなんと言おうと美白、命!少女漫画では、可愛い女の子は色白と相場が決まっている。ブロンズ肌が流行ったり、ヘルシーでいいよね! という風潮があることも知っている。それでも、焼けやすい私は日常生活ですっかりこんがりしていたので、色白女子に猛烈な憧れがある。

 

 

 

 そんなこんがり地黒ガールだった私も大人になり、半袖の制服を脱ぎ、陽の下で体育の授業を受けなくて良くなった。必死のスキンケアで色白のふりをして生きている。シースルーから覗く肌や、濃色とのコントラスト、淡色に溶ける白肌もすてき。美白はファッションが映えると信じている。とはいいつつ、たまのアクティビティくらい、輝く白肌を見せつけたいもの。私は今年、泊りがけでがっつり海へ行き、めちゃくちゃ日焼け止めを塗ったものの、ちょっとこんがりして帰京……。凹みつつ、保湿を怠っている部位ほど焼ける、という実感を得た。美白派はボディケアもぬかりなく! そして美白死守派の夏遊びはやっぱりナイトプールがおすすめ……。

 

 

 

 

 

 

 

 今年は本当に塗ったそばから日焼け止めが流れるような猛暑なので、「飲む日焼け止め」にあやかりたい。去年導入したところ、冬の透明感がちがった(気がする)。頼りないけれど、この(気がする)は、かなり重要だ。小さな実感(気がする)をとくとくと積むことで、いつか、集大成「綺麗になったね!」が得られるのだ。先月に引き続き、根性論で申し訳ないが、おしゃれは我慢。そしてスキンケアは「継続」である。今年は①ヘリオケア ウルトラDで徳を積むことにした。

 

 日常焼け対策は、とにかく繰り返し塗りなおすこと。重ね塗りがストレスにならない軽い日焼け止めをボディ用に使うのがおすすめ。②紫外線予報のポンプ式ジェルを玄関に置いて、ちょっとそこまで焼け対策に! ③ラロッシュポゼのスプレータイプは、サンダルを履いた足元や髪、メイクの上から、と多用途に使えて便利。くすみがちな唇には、④インテグレートのサクラドロップエッセンス。ほんのり色づいて、UVカットもしてくれる逸品! スキンケアの後ベースメイク前に、⑤サンメディックの顔・首用を全顔しっかり。日焼け止め効果のある化粧下地やCCクリームが多いけど、UVケアは分けた方がうすぬりで済んで仕上がりが綺麗。どうせ使うなら、寝癖直しスプレーもUVカット効果のあるものを。レモンの香りで黄色いパケが可愛い⑥ラサーナ。

 

 

 お出かけ前には、サングラスと日傘を忘れずに。しかし、一番重要なのは、毎日をたのしむ気持ち!おしゃれしたい日はアームウォーマーはお留守番。日傘を好まない人とデートの日は、つば広帽で頑張っちゃうかも。たのしい思い出につきもののちょい焼けはその後の保湿と保湿と保湿で、リカバリーできるので諦めないことが肝心。というか、諦めたらいつでも手遅れ。アフターケアが紫外線対策だ。美白は大切だけど、心血注ぎすぎてイベントをたのしめなくなっていたら注意。お洋服もメイクも、毎日をたのしく過ごすためのものなのだ。

 

 

モデル・ライター

小西 麗

Urara Konishi

ファッションモデルを経て、編集・ライター。三度の飯とブロマンスが好き。趣味はシール集めと模様替え。共著に『何処に行っても犬に吠えられる〈ゼロ〉』(百万年書房)、モデルから企画・編集を手がけたZINE『溶けかけのアイスクリームロマンス』。コンタクトはSNSアカウント記載のメールアドレス、もしくはアトリエMIRAIへ⇩

コンテンツをロード中