CLOSE

スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2017.11.22

コラムVol.72『加速するセットアップスタイル』

  • Category FASHION

 

 

「セットアップのラインナップ」

 

 “上下揃いの服”という意味で広く使われている「セットアップ」。最近では上下の素材や色は違っても、組み合わせることによって統一感ある着こなしができるものはセットアップと呼ぶようになった。今年の特徴は、ジャケット×ワイドパンツのようなスーツスタイルから、一見ワンピースのように見えるタイプまで、どんなスタイルでも挑戦しやすいラインナップとなっている。

 

 

 

「斬新な組み合わせのものも登場」

 

 素材で言うと、今季のトレンドであるベロアやツイードが中心となって取り入れられている様子だ。少し前までセットアップというとオシャレ上級者の着こなしというイメージが強かったが、普段使いのしやすい展開で着用率は高まりつつある。また、昨年までには見られなかった、「ビスチェ×ワイドパンツ」という斬新な組み合わせのものも登場し注目を集めた。

 

 

 

「トラッドスタイルの影響力」

 

 昨年辺りからセットアップは展開されていたが、ストリートに浸透してきたのは今季。流行った背景の1つとしては、ビッグトレンドの「トラッドスタイル」が影響している。その流れからマニッシュなテーラージャケットやグレンチェックなどが登場した。

 

 

 

「セットアップの魅力」

 

 それぞれ単体で手持ちアイテムとコーディネートができ、着こなしの幅を広げてくれるのが最大の利点。もちろんそのままの組み合わせでコーディネートが完成することも魅力。セットアップならではの統一感で簡単にオシャレに見せる、これは現在のファッション観とも合っていると言えそうだ。

 

 

 

 リラックススタイルと言われるような、ゆったりとしたシルエットが主流だった近年。やっとファッションの流れが少しずつ変化してきている。普段のカジュアルな服装に敢えてカチッとしたジャケットなどのアイテムを組み合わせるなど、僅かな違和感を加えることで“こなれ感”を演出するのが今の気分。今回のセットアップもその流れの一端にあるのかもしれない。

コンテンツをロード中