スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2019.12.17

コラムVol.118『秋冬に彩る“くすみパステル”』

  • Category FASHION

 

取り払われた「季節感」の概念

 

 2019年秋冬トレンドカラーの「くすみパステル」。具体的には、ペールトーンに近く、彩度が低めでぼんやりとした淡い色合いのこと。よく春に使われることが多いカラーだが、近年は秋冬にも登場し、季節のイメージカラーに変化を見せている。コーディネートはミントカラーに白を合わせるコーデが主流で、より春らしさを感じさせる爽やかな着こなしが多く見られた。あえて秋冬に春のようなくすみパステルを入れることで、コーディネートに新鮮さがプラスされる。柔らかな印象にも仕上がり、ダークカラーが増える秋冬には「華のある」コーデに。

 

 

 現在、ファッションコーディネートの約束事の一つでもあった、「季節感」という概念は、無くなりつつある。四季のはっきりした日本ならではの約束事であったが、近年の地球温暖化や気候変動は、ファッションシーンにも変革を起こした。特に今年は季節の境界線がなかったと言われるほど、「四季」自体が失われていた。洋服は季節に合わせたカラーで着こなすも勿論楽しい。だが季節感がなくなりつつある今、“好きな色の服を好きな時に着る”ことができるという考えは、新しいジャパンファッションの概念となるだろう。

 

コンテンツをロード中
367 39 364 42 363 43 362 44 361 45 346 60 343 63 342 64 341 65 340 66 339 67 330 72 324 77 315 88 311 91 293 105 291 108 289 109 275 120 274 121 273 122 272 123 271 124 256 140 257 141 258 142 255 143 254 144 233 162 230 165 219 174 218 175 216 177 215 178 214 179 201 191 198 192