スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

  • 2017.12.12

    コラムVol.75『ふわモコを着よう』

      「今年も登場」    この時季のトレンドとして話題になるのがファーである。ファーアイテムの傾向は年ごとに違ってくるが、昨年はバブーシュやクラッチバッグの人気が高かった。全体をファーにするのではなく、ファーをアクセントとして一部分で取り入れていたのだ。今年は更にアイテムの幅が広がり、コ…

  • 2017.12.04

    コラムVol.74『2017A/WニットTREND』

        「進化し続けるニット」    徐々に気温も下がってきて、冬のワードローブを本格的に揃えたい時期に入ってきた。そんな冬のワードローブに欠かす事ができないのは「ニット」。一般的にはニット=トップスのイメージが強いかもしれないが、今季のニットはボトムスやセットアップにまで展開が広がり…

  • 2017.11.28

    コラムVol.73『いいものを持ちたい』

        「時代の流れ」    1990年代に起こったアウトドアブーム。当時、アウトドアウェアはより機能的でオシャレなものへと変化した。その後、携帯やゲーム機の登場で、人々は自然とインドア派へと移行し、アウトドアウェアの存在は薄くなっていった。しかしここ数年、ストリートではアウトドアウェア…

  • 2017.11.27

    着心地にこだわる男たち ~旭化成の再生セルロース繊維、キュプラ ベンベルグ®~

        最高品質のベンベルグ®      「ADVANCED」で、働くオシャレな男性陣の撮影をしていると、ほとんどの男性陣はベンベルグ®を裏地として使用したスーツを愛用していた。ベンベルグ®は、旭化成の再生セルロース繊維・キュプラのブランド。その着心地の良さ、肌触りの良さは最高で、…

  • 2017.11.22

    コラムVol.72『加速するセットアップスタイル』

        「セットアップのラインナップ」    “上下揃いの服”という意味で広く使われている「セットアップ」。最近では上下の素材や色は違っても、組み合わせることによって統一感ある着こなしができるものはセットアップと呼ぶようになった。今年の特徴は、ジャケット×ワイドパンツの…

  • 2017.11.15

    コラムVol.71『ストリートに彩を』

        「秋のイメージを変える」    肌寒くなり、人々の装いはすっかり秋使用になった。この季節に着たくなるカラーは、黒や茶色と、なんとなくダークで重くなりがち。しかし今年のストリートを彩るカラーは、少し違っているようだ。2017-18AWで注目なのは「ベイクドカラー」。くすんだ色合いで、原色…

  • 2017.11.09

    コラムVol.70『縁の下の力持ち』

        「スカートトレンドの変動」    近年のボトムスのトレンドを振り返ると、ワイドパンツやミモレ丈(ふくらはぎまで丈のある)スカートなど、ゆったりとしたデザインのものが多かった。肌の露出も少なく、なんとなく冒険心に欠けるイメージがある。そんな中、今年ストリートで圧倒的所持率を誇る…

  • 2017.11.06

    時代は可愛くてオシャレなエコバッグ

       ラテン語と中国語の融合で、「どこへでも持って行きたくなってしまうような、そんな気持ちにさせる」という意味を持つ「LOQI」のエコバッグは見た目がとにかくオシャレ。可能な限り世界中のデザイナーとコラボして商品を届けたいというLOQIの強い思いが込められているのは見てすぐ分かる。     &…

  • 2017.11.03

    コラムVol.69『今年もこの光沢に酔いしれる』

        「廃れるわけがなかった」    トレンドを思いっきり楽しめる季節がやってきた。周りに目を向けると、今年もあのアイテムがひときわ輝いている。「ベロア」昨年どれだけの人がこの素材に夢中になったであろうか。高級感と奥行きのある光沢をもつ魅惑的なテキスタイルだ。今年のトレンドも引き続…

  • 2017.10.23

    コラムVol.68『大本命テキスタイル』

      ■2017 A/Wのチェック    秋冬の定番テキスタイルであるチェック。毎年様々なチェックが服や小物に展開され、最近では“BURBERRYチェック”の勢いも凄かった。そんな中、2017A/Wでひと際存在感を放ったのは、「グレンチェック」だ。グレンチェックとはグレナカート・チェック(Glenurquhart che…

  • 2017.10.17

    コラムVol.67『秋風とワンマイルウェア』

      出典:sleepy-jones   ■ラグジュアリーなラウンジウェア    大人になればなるほど、パジャマらしいパジャマは着なくなる。Tシャツやスウェットで部屋を過ごし、近くのコンビニ、スーパー、本屋には着替えずそのままの格好で出かける人もいる。プライベート空間ではオシャレを気にせず、とにかくリ…

  • 2017.10.10

    コラムVol.66『“ベルテッド”アイテムに見る、イージートレンド』

      ■そもそも“ベルテッド”って?    ボリュームのあるロング丈ボトムスが定着し、それに伴いワイドベルトでのウエストマークが注目された今年。最近各ショップの店頭を見ると「ベルテッド」のボトムスが実に多い。そもそもベルテッドとは“ベルトが付いている”という意味。同素材で…

  • 2017.10.03

    コラムVol.65『進むバッグのミニ化』

      ■ミニ化の背景には    最近、バッグが全体的にミニ化している。以前は男女ともにリュックが圧倒的に人気で、それ以外のバッグでも、機能的で大きめなバッグを好む傾向にあった。その背景にはスポーティーなスタイルが流行したことはもちろん、震災やテロなどの不安定な情勢も関係し、いつ何が起こるか分…

  • 2017.09.20

    「ベンベルグ®大学」開講! 旭化成の新たな産学連携プロジェクトがスタート

        日本を代表する繊維メーカーと未来を担う学生のコラボレーション!   <ベンベルグ>って何だかご存じだろうか?高級裏地の「キュプラ」と言った方が一般的には聞こえなじみがあるかもしれない。実はこの<ベンベルグ(一般名:キュプラ)>、シルクや麻など、ほかの天然由来の繊維には真似の…

  • 2017.09.18

    コラムVol.64『2017 S/S トレンド総括』

      ■90年代リバイバルの勢い止まらず    昨年、2017S/Sコレクションが発表された時にリゾートスタイルとエスニックスタイルがトレンドの予測として出ていたのを覚えているだろうか。しかし、実際のストリートでは、刺繍アイテムや花柄の流行はありつつも、圧倒的に存在感があったのは90年代を彷彿とさせる…

  • 2017.09.11

    コラムVol.63『進化する、かごバッグ』

      ■豊富なバリエーション    「かごバッグ」で注目すべきはバリエーションの豊富さ。かごバッグといっても形は様々で、今年人気のバケツ型から以前は見る事がなかったピクニックバケットまで、個性豊かな顔ぶれだ。また、ナチュラルなかごバッグにあえて異素材を組み合わせたデザインや、ハンドルにスカー…

  • 2017.09.07

    「TGCの来場者から見る、2017 A/Wファッション」

      ■1930年・70年代のチェック柄ブーム再来か    今回のTGCコレクションで最も人気を博した柄は「チェック」。その中でもひと際目立ったのが、「グレンチェック」だ。グレンチェックは千鳥格子やごく小さな格子など、4種類の単位模様を規則的に並べて格子縞にしたもので、かつて公爵や貴族が愛用していたこ…

  • 2017.09.05

    コラムVol.62『“つっかけ”シューズ全盛期』

      ■「つっかけサンダル」ブーム    今夏はシャワーサンダル、ミュールなど、かかとのない「つっかけサンダル」が人気を集めた。ちなみに、“かかとのない”サンダルと靴をファッション用語でいうと、「バックレスシューズ」と言う。そんなバックレスシューズ共通の魅力は、かかとがないことでカ…

  • 2017.08.21

    コラムVol.61『レイヤードスタイルで脱マンネリ』

      ■新たなレイヤードスタイル    最近、ストリートを観察していて気になったのは「レイヤードスタイル」。これまでにも、ストリートで幾度となく流行ったが、今夏は一味違ったニューレイヤードが人気。具体的には、一枚で着られるような長めのワンピースにデニムやワイドパンツを合わせる。そしてウエスト…

  • 2017.08.18

    Meets Local, Meets Vintage produced by Saori Yokoyama

      Meets Local, Meets Vintage  produced by Saori Yokoyama   2017年8月4日〜30日 Meetscalストア青山店 (by PARCO) 11:00-20:00(毎週木曜は定休)    新しい発見を発信し続けるパルコ発の自主編集ショップとしてオープンしたMeetscal (ミツカル)ストアの青山店では、現在ヴィンテージ古…

  • 2017.08.06

    コラムVol.60『コンフォートサンダルに大型ルーキー現る』

      ■続くコンフォートサンダルブーム    数年前からコンフォートサンダルが人気を集めている。中でもいわゆるスポーツサンダルが今までの主流だったが、昨年辺りから徐々に注目されているのは「シャワーサンダル」だ。元々アスリートやスポーツ選手などが練習後に履けるサンダルとされ、名前の通り履いたま…

  • 2017.07.30

    コラムVol.59『2017 S/S 帽子トレンド』

      ■今季のトレンドアイテム    今季の帽子二大トレンドと言えば、「ベレー帽」と「キャプ」。この二つは秋冬に引き続きトレンドで、素材を夏仕様に変えながら、その勢いは止まらない。今季のベレー帽はメッシュ素材かストロー素材が基本。決めすぎのコーディネートには抜け感を、カジュアルなコーディネー…

  • 2017.07.17

    コラムVol.58『最近よくみかける“あのリュック”の正体』

      ■そもそもanelloって    街を歩いていると「anello(アネロ)」のマークが付いたリュックをよく見かける、と感じている方も多いのではないだろうか。イタリア語で「年輪」を意味するというanelloは、大阪のバッグ製造卸会社、キャロットカンパニーが14年12月に売り出したユニセックスのバッグである。2005…

  • 2017.07.12

    コラムVol.57『トレンドシューズの大本命』

      ■バレエシューズが人気の理由    ここ数年、フラットシューズと言えば、カジュアルなスニーカーやスポーツサンダル、マニッシュなオックスフォードシューズなどが主流だったが、今年は圧倒的に「バレエシューズ」である。リーズナブルな値段と、どんなスタイルにも合わせやすいベーシックな形が支持を集…

  • 2017.07.11

    マリリン・モンローも愛したミキモト

           パリ・ミラノの2016‐2017秋冬トレンドとしてコレクションで発表されていた「レトロロマンチック」は、1970年代のレトロテイストやロマンチックムードをベースにフェミニンさを加えたスタイルのことをいう。花柄ワンピースや刺繍、レースなどもその仲間で、ちょっと前まではダサいと思われていたシルエッ…

  • 2017.07.02

    コラムVol.56『ボリューム袖の存在感』

      ■加速する「ボリューム袖」    今季のトレンドトップスの共通点は、何と言っても「ボリューム袖」である。昨年から装飾的な袖のトップスが店頭に並んでおり、既に持っている方も多いのではないだろうか。今季も引き続き、素材や形を変えて出ている印象で、その勢いは止まることを知らない。特に最近は夏…

  • 2017.06.19

    コラムVol.55『レースが主役』

      ■今季の「レース」の特徴    「レース」と聞くと、可愛らしい、ガーリーなイメージを持つ人も多いのでは?普段、シンプルなテイストやカジュアルなファッションの人はなかなか取り入れにくい、と思うかもしれない。しかし、今季のレースはテイストを問わず、どんなスタイルにも取り入れられるようなバリ…

FASHION FASHION

コンテンツをロード中
1 2 3 4