スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2018.09.03

コラムVol.99『アクセサリーは“特別感”の時代へ』

  • Category FASHION

 

 

 

「torcのコンセプト」

 

 「torc(トルク)」は旅するアクセサリーをコンセプトに、2013年にスタートしたアクセサリーブランド。“vintageにはないデザインを、vintageにしかないものを”の視点でデザイン、バイイングをプロデュースしている。そのtorcの代表的なデザインは「モシャ」。形の違うパールが組み合わさった映えるピアスだ。他にも形が個性的なペップシリーズや、海外から買い付けたvintageアイテムも取り扱っている。

(画像出典:Instagram)

 

 

 

「特別な日を彩るアクセサリー」

 

 最大の魅力は今まで見たことのない大胆で新鮮なデザイン。見れば見るほど虜になるピアスは、アクセサリーというよりアート作品に近い。そんなtorcのピアスは、アップヘアをした特別な日こそ身に着けたい。Instagrumを見れば、結婚式用に購入したという人も多い事がよく分かる。白や黒などシックな色味もあるため、卒業式や成人式などにも使えそうだ。

 

 

 

「アクセサリーはハンドメイドが旬」

 

 torcに限らず、ハンドメイドアクセサリーの人気は高まっている。ミンネなどのアプリや箱借しで委託販売を行っているお店が増えたことも要因の一つ。今や誰でもアクセサリー作家になることができる時代であり、購入する側の選択肢は格段に広がった。誰かとかぶる可能性の高い店でわざわざ買う必要もなくなった訳である。便利な時代であるからこそ、あえてレア感や特別感を求めている風潮にあるようだ。“そこでしか購入できない”、“数に限りがある”など、一見デメリットになりそうなポイントが逆に魅力となっている。

 

 

 

 

  torcは直営店が少なく、webサイトでは即刻完売するほど、手に入れるのが難しい。また、今年の2月に伊勢丹新宿店でポップアップショップを成功させるなど、今最も注目されているアクセサリーブランドといっていいだろう。

コンテンツをロード中