スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2018.04.03

A-net AUTUMN / WINTER 2018 EXHIBITION

  • Category FASHION

 

 2018年3月22日(木)と23日(金)の2日間、代官山のにて「A-net」2018秋冬の展示会が行われた。

 「A-net」は「zucca」をはじめ、「TSUMORI CHISATO」・「Ne-net」・「mercibeaucoup」・「Plantation」・「tac:tac」と、6つのブランドを展開している。今年は、「zucca」が8月に30周年を迎えるとのことで、より一層の盛り上がりを見せている。

 

zucca

 

 シンプルで機能的なデザインが多く、スポーティー感とエレガントさのバランスが絶妙。まさにブランドコンセプトである、「着る人にも、見る人にも心地よく」であった。小物類も大変充実していて、靴やベルトなどにファーをあしらったものが多く見られた。

 

 

 TSUMORI CHISATO

 

 グアテマラやマヤ文明にインスパイアされたコレクションを展開。旅の中で見たものをそのまま洋服からバッグ、靴に至るまで、ダイナミックに表現。身につけるだけで元気になるようなものばかりで展示会場はいっぱいだった。

 

 

  mercibeaucoup

 

 日本の神話をモチーフ。ゆったりめのシルエットに、小物で遊びをつけるルックが多かった。ボタン柄のバッグや、着物に合わせるのにぴったりなサンダルまで、斬新なデザインを多くとりいれていた。

 

 

Ne-net 

 

 2018秋冬で陶芸家・小島鉄平氏とコラボ。定番ものから新デザインまで、男女年齢問わず好まれるアイテムばかり。バッグは中身と外身でカスタマイズできるなど、自分のスタイルに合ったものをチョイスできる。

 

 

コンテンツをロード中