スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2017.09.11

コラムVol.63『進化する、かごバッグ』

  • Category FASHION

 

豊富なバリエーション

 

 「かごバッグ」で注目すべきはバリエーションの豊富さ。かごバッグといっても形は様々で、今年人気のバケツ型から以前は見る事がなかったピクニックバケットまで、個性豊かな顔ぶれだ。また、ナチュラルなかごバッグにあえて異素材を組み合わせたデザインや、ハンドルにスカーフがもともと巻かれている物まで展開されている。このような豊富なデザインのバリエーションにより、ナチュラルなスタイルだけでなく、シンプルなコーディネートのポイントとして使うなど、よりデイリーに使いやすくなったと言える。

 

                 

 

かごバッグって機能的

 

 コーディネートに加えるだけで、季節感といつものコーディネートに新鮮さを与えてくれるのが魅力的な「かごバッグ」。それだけでなく、使ってみると意外と機能性にも優れている。まず、マチが円径で、同サイズのバッグより圧倒的に収納力が優れている。魅力のもう一つは軽さ。一般的にかごバッグはストロー素材や、ラタンを用いる為、軽い上に丈夫にできている。また、最近のかごバックは中に巾着が付いている物も多い。ピクニックバケットだと蓋がついている為、外から中身が見えることもなく、より気軽に持ちやすい。つまり、デザイン性がありながら使いやすい。これこそ、かごバッグがデイリーアイテムとなった理由と言えるだろう。

 

                 

 

季節を超えて流行る

 

 かごバッグというと春夏のイメージが強い。しかし、一部ではレザーやファーが使われている秋冬に活躍してくれそうな物も展開されている。最近は流行したアイテムをベースに素材を変えて展開されることが多い。今年人気のコンフォートサンダルにもファーが付いたり、同じことが言える。今後も季節を超えてトレンドとなる物が増えていくのか注目だ。

 

コンテンツをロード中