スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2019.02.08

小西麗のあれが好き ~小旅行~

  • Category FASHION GOURMET culture

 

 

 旅行って、準備から楽しい。靴下どれにしよう、口紅は何本いれよう、どの本を持っていこうと考えたり、念のためにとカイロを詰めたりするパッキング・タイムが好きだ。  

 

 先日、京都に行ったのでその紹介をしたい。小旅行の鉄板「京都」だけれど、今回は京都市ではなく、「もうひとつの京都」へ。京都府って、実はとっても広いのだ。京都府が推す「お茶の京都」「森の京都」「海の京都」「竹の里・乙訓」という4つのエリアを堪能した。なんだか響きがダンジョンみたい。

 

 

 京都に来たなら、お茶を飲まなくては! ということで、まずは「お茶の京都」宇治へ。京都なので、緑のベレー帽で抹茶に寄せてみた。そういう茶目っ気が旅には必要なのだ。小物が華やかなので、メイクは色を控えめに。マットブラウンのディオール ルージュリキッド(#614)がお気に入り! 絶妙な赤みでなぜか顔色がよく見える。今期はブラウンリップばっかり選んでいた。

 駅から徒歩10分ほどの『福寿園宇治茶工房』では、玉露を使った「お茶の淹れ方体験」を実践。玉露は古来から「1番美味しい」とされる高級茶。一煎目はお茶の味を楽しむために、お茶菓子には手をつけてはいけない。旨味のギュッとつまった玉露は、お茶からとった出汁のような濃厚な味がした。

 

 

 

 

 

 

 鉄瓶から湯のみへ、湯冷ましへとお湯を移し、すこしずつ冷ましていく。ふんわりお茶の香りが漂う中、ゆっくりたっぷり美味しいお茶をいただくと心が静かになる。六煎まで出したふっくらとした茶殻は、出汁しょうゆにつけて食べられちゃうのだ。「お茶もお野菜の一種なんですよ」という店員さんの言葉に深くうなづく。葉野菜のおひたしみたい。工房は体験型で、コースが盛りだくさん。茶園があったり、器が作れたり、石臼で抹茶がひけたりもする。次は茶室で抹茶マナー体験もいいなあ。

 

 

 

 宇治川を渡って、『辰巳屋』さんで、ちょっと贅沢に抹茶料理のランチコース。すべてのお料理に抹茶が使われていて、その量7服分!「美白効果のあるビタミンもカテキンもたっぷりです」と説明してくれる女将さんも、福寿園の店員さんも、みんな美肌なのは抹茶効果だろうか……。

器が全部とっても可愛くて、運ばれてくるたび、開けるたびに心踊る。上品な和食は目にも美味しい。

 

 

 フィルムカメラは必携。ちょっと多めにフィルムを持っていくと安心。足りなくなると悲しいので、私は日数×1.5本ほど持参する。つい景色や動物ばかり撮りがちなんだけど、せっかくなので人を撮ろう。友だちはもちろん、自分も撮ってもらうべし。見返すと本当に楽しい気持ちになるし、現像してからシェアすることになるので、「楽しかったね」の連絡をするのもまた楽しい。

 

 

 

 

 

 晩御飯は、「森の京都」にあやかって『柳町』の「鴨すき」を。明治時代の町屋を改装した店内は超広々。このスケールは都内にも京都市内にもない空間だ。福知山市は山深く、新鮮な食材でジビエ料理が楽しめる。 このもりもりの九条ネギ、圧巻。ふわっと生姜が香るお出汁にしゃぶしゃぶすれば、「鴨ってこんなに美味しいんだ……」と感動の口どけだった。 後編も、京都満喫です。たくさん歩くときの裏技的アイテムもご紹介。

 

 

 

 

紹介店舗

 

「福寿園宇治茶工房」

住所: 京都府宇治市宇治山田10番地

電話番号 : 0774-20-1100

 

「辰巳屋」

住所: 京都府宇治市宇治塔川3-7

電話番号 : 0774-21-3131

 

「柳町」

住所: 京都府福知山市下柳町21番地

電話番号 : 0773-22-1809

モデル・ライター

Urara Konishi

ファッションカルチャー誌『Maybe!』(小学館)にて「有名人の恋人」になりきるエッセイを連載中。妄想エッセイとルポのミックスマガジン『何処に行っても犬に吠えられる〈ゼロ〉』(百万年書房)が発売中。

コンテンツをロード中
3464 3437 3428 3419 34010 33911 33016 32421 31532 31135 29349 29152 28953 27564 27465 27366 27267 27168 25684 25785 25886 25587 25488 233106 230109 219118 218119 216121 215122 214123 201135 198136