スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2021.08.27

ジーンズの生みの親“リーバイス” モデル紹介①

  • Category FASHION

*参照:Instagram@levisarchives

 

 

Levisジーンズのモデル紹介①

 

1850年創業のジーンズの生みの親“リーバイス”。労働着として着用されていましたが、50年代半ばにファッションアイテムとして認知され始めました。今回はリーバイスの様々なモデルをご紹介します!

 

 

 

圧倒的な代表作「501 ストレート」

 

リーバイスの定番501は股上がやや深めのストレートシルエット。トップスをインしてスタイルアップ効果も期待されますよ。


*参照:Instagram@miohagihara

 

 

501に続く人気の「502 ストレート」

 

501フロントはボタンフライ仕様ですが502はジッパーフライ。やや浅めの股上なので腰回りにアイテムがあってもいいですね。


*参照:Instagram@rosett_konomi

 

 

ゆったりシルエット「503 ルーズストレート」

 

全体的にゆったりとしたシルエットが特徴の503。足元にはボリュームのあるブーツがバランスを取りやすいです。


*参照:Instagram@kana._mi

 

 

女性らしい綺麗な「505 ややスリムなテーパード」

 

洗濯すると縮んでジッパー開閉が困難になるという欠点を攻略した505。裾に向って細くなるのでロールアップしても可愛いです。


*参照:Instagram@meg1006t

 

 

プレーンで使いやすい「508 テーパードストレート」

 

シルエットが細めのスリムテーパードシルエットの裾をやや絞ったタイプ。綺麗めな着こなしにもピッタリなのが特徴です。


*参照:Instagram@lkftheday

 

 

次回も続きをご紹介します。まだまだ様々な形があるので是非ご覧ください♡  (鈴木 悠里)

 

 

 

■スタイルアリーナPIC  参考コーデ

       
コンテンツをロード中