スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2021.02.07

コラムVol.132『アウター界のニューフェイス』

  • Category FASHION

 

つづく流行回帰現象

 

 ここ数年の冬アウターはボア、ムートン、ファー、ダウンなどがトレンドに浮上し、流行回帰する現象が続いていていた。多くのアイテムが再ブームを巻き起こす中、20−21A/Wでは袖のないアウターとして、ケープコートやポンチョが7~8年ぶりに回帰した。ストリートにもじわじわと浸透し始め、定番とまでは行かないが、多くのファッショニスタが注目している。

 

 

 このアウターが再び流行った背景には、現在進行中のミニバッグブームがあると言われている。ケープコートやポンチョには袖がない為、大きな荷物を肩にかけてから羽織ると、シルエットが崩れ、上から肩にかけることも難しい。ハンドバッグやミニバッグが定番になったことで、全体のバランスを崩さずに着こなすことができるようになったのだ。

 

 

 表参や代官山で見られたコーディネートには、個性的な物が多く、ニットワンピースのような形のポンチョや、マントのようなデザインまで幅広い。ニット素材とはいえ、アウターを上から着ることなく、ポンチョやケープがそのままアウターとして機能している。銀座では品があるデザインの物を着用し、キレイめですっきりとした組み合わせが印象的だった。

 

 

 やや厚手のニットの上から着用しても中でもたつかないこと、シルエットがIラインではない為、体系カバーが簡単にできることも注目を集めた理由の一つだろう。来季はポンチョやケープコートがよりストリートに定着していく予感がする。

コンテンツをロード中