スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2020.03.23

コラムVol.123『防寒性と機能性を兼備したキルティング』

  • Category FASHION

 

海外生まれの室内装飾がファッションに

 

 今年、ストリートでよく目にしたデザインといえば、「キルティング」だろう。中でもアウターとしてのキルティングデザインが増え、年齢や性別を超えて愛されている。防寒性と軽さを兼備している優秀なアイテムの為、キルティングばかり着ている人も多かったのではないだろうか。また、ダウンとは違い、薄くて軽い物が多い為、3月まで着られるのもメリット。

 

 

 そもそもキルティングは、家でできるステッチ・パッチワークのようなイメージが強いが、もともとはエジプト・ロシア・中国などで防寒用、敷物として作られたのが始まり。その後花柄などが衣料品や室内装飾の一部として広がりはじめた。保温性に優れ、丈夫で長持ちすることに加え、軽い為幅広く使うことができる。昨今の「機能性重視」なファッション業界が目をつけても不思議ではない。

 

 

 現在は、格子柄・縦ライン・波柄など、さまざまな形のステッチが施されたキルティングデザインも増え、コートはもちろんバッグやポーチなど、日常のアイテムにも広がりを見せている。一見すれば「ダサい」、「年寄りっぽい」などと揶揄されそうなデザインが、ミレニアル世代には新しく映る。今後キルティングはボトムスにも展開するだろう。新たなデザインの登場にも期待したい。

 

コンテンツをロード中
367 55 364 58 363 59 362 60 361 61 346 76 343 79 342 80 341 81 340 82 339 83 330 88 324 93 315 104 311 107 293 121 291 124 289 125 275 136 274 137 273 138 272 139 271 140 256 156 257 157 258 158 255 159 254 160 233 178 230 181 219 190 218 191 216 193 215 194 214 195 201 207 198 208