スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2019.11.30

コラムVol.117『イット・バッグに出世した巾着』

  • Category FASHION

 

時代回帰した江戸時代スタイル

 

 今やユニセックスなバッグの定番として用いられ、愛されている「巾着バッグ」。近年のミニバッグブームに伴い、2017年頃から本格的にトレンドの仲間入りした巾着バッグはいまだに衰退する気配が全くない。もともとは江戸時代に小銭などを巾着に入れ、腰にぶら下げることから始まった歴史的なアイテム。レトロなスタイルが流行っているとはいえ、ここまで時代回帰したアイテムはストリートファッションシーンでも珍しい現象だ。

 

 そんな巾着バッグの火付け役は、ニューヨーク発のバッグブランド、「マンサー・ガブリエル」。巾着バッグをランウェイで取り入れ、インスタグラムなどのプロモーションと併せて注目が集中した。丸みがある可愛いらしいフォルムと実用性のギャップにファッショニスタは惹かれ、瞬く間にイット・バッグとしての地位を確立したのだ。

 

 

 ブレイクし始めた頃はコットンやレザー調などの素材がメインで展開されていたが、今年はデザインの幅が広がっている。秋冬に持つのに適した暖かみがあるキルティング生地の物、最近注目度が高いベトナムを中心としたアジアライクな刺繍の物が登場した。一発屋で終わらず、長期的なトレンドのレールに乗った巾着バッグの更なる進化に今後も注目だ。

 

コンテンツをロード中
405 1 403 4 402 5 401 6 398 9 396 10 386 22 382 23 383 25 375 26 378 29 376 30 374 31 372 33 370 35 369 37 367 38 366 39 364 41 363 42 358 47 357 48 354 51 353 52 350 53 352 54 349 56 348 57 347 58 335 67 334 70 328 73 326 74 325 77 323 78 322 79 321 80 320 81 318 83 317 84 313 85 316 86 312 88 296 91 307 92 305 94 303 95 304 96 302 97 300 99 299 101 297 102 294 105 292 106 288 110 287 111 283 115 277 116 278 117 280 118 276 124 269 126 265 128 268 129 236 131 221 132 263 133 220 134 262 135 261 136 260 137 256 139 257 140 258 141 255 142 254 143 248 144 252 145 249 147 247 148 246 149 245 150 253 151 244 152 242 153 241 155 240 156 238 157 237 159 235 160 231 163 229 165 228 166 195 167 226 168 224 170 223 171 222 172 217 175 212 180 210 182 207 183 208 184 206 185 202 186 204 188 200 189 196 192 194 193 193 194 190 196 177 197 189 198 188 199 187 200 186 201 184 203 183 204 181 205 179 208 174 210 172 211 171 212 170 214 165 216 164 217 159 219 155 220 156 221 152 222 151 223 150 224 149 225 148 227 146 228 144 230 142 231 141 232 140 233 138 235 136 236 132 238 130 240 129 241 128 242 126 243 124 245 122 246 118 247 107 252 104 256 99 257 95 259 86 260 87 261 83 262 80 265 75 266 72 267 71 268 69 269 68 270 67 271 66 272 63 274 61 276 60 277 56 278 54 279 53 281 49 282 48 283 44 285 43 286 42 287 39 289 34 291 32 292 30 293 29 294 28 295 26 296 24 298 23 299 18 301 17 302 15 303 1 305 2 306 3 308 4 310 5 311