スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

SNAP SEARCH

  1. TOP
  2. CULTURE
  3. モテる男性の共通点は「香り」への意識?女性目線から見たリアル意見を調査
  • BEAUTY

2022.05.11

モテる男性の共通点は「香り」への意識?女性目線から見たリアル意見を調査

  • #コスメ
  • #スキンケア

 

モデルのような整った顔立ちでなくとも、女性からモテる男性は世の中にたくさんいる。さまざまなモテ要素がある中で、女性からの好感度が高いとされているひとつが「香り」だ。10〜30代女性のアンケート調査から見えるリアルな意見から、「香り」と「印象」の関係性を紹介していく。

 

 

男性のスキンケアに対する女性の印象は?

 

スキンケアをする・しない、どちらの男性が女性に好まれるか。この二択で考えると「スキンケアをする男性」は、女性からの印象が良い傾向がある。実際に行ったアンケート調査の結果を見ても、「スキンケアしている男性の印象について」という質問に対して、「(印象が)とても良い」「どちらかといえば好印象」と回答した女性は9割以上。「印象が良くない」は0%、「印象があまり良くない」と答えた方が全体の2%だった。このアンケート調査から分かる通り、少しでも美に関心がある女性は男性のスキンケアに肯定的だ。

 

スキンケアに無頓着な「ゴワつき」「ニキビ」「ザラザラ」な肌を持つ男性と、スキンケアが行き届いた「ツルツル」「なめらか」「ツヤツヤ」な肌をキープしている男性。普段からスキンケアを意識して行う女性からすれば、スキンケアをしている男性=自己管理ができる清潔感のある人という印象につながる傾向があるようだ。

 

 

メンズスキンケアの好感度が高い理由

 

女性に比べて皮膚が厚く、皮脂の分泌量が多い男性の肌は、ニキビや肌荒れ、キメの粗さが目立ちやすい。だからこそ、スキンケアでお手入れされた肌は「清潔感がある」「信頼できそう」「顔の表情がイキイキして見える」など、プラスの印象に働く傾向があり、女性はもちろん職場やビジネスシーンでも好感度が上がりやすいことが考えられる。

 

そもそも日本におけるメンズコスメの歴史は、1980年代頃。平成に入り、韓流ブームからツルツル肌の韓国アイドルが注目を集め、本格的なメンズコスメの火付け役として脚光を浴びた。美容大国として知られる韓国は、スキンケアに力を入れる男性という価値観は当たり前のように受け入れられ、決して珍しくない。こうした背景から、近年の日本女性が男性に目を向ける価値観も、見た目のカッコ良さや経済力だけではなくなりつつあることが見受けられる。

 

つまり、「肌トラブルのない美しい肌=清潔感がある、若々しく見える、健康的」このような国を越えた共通認識は、多くの女性からプラスの印象を持たれやすい傾向があるということだ。

 

今日では日本の若手俳優やタレント、モデルも美しい肌を持つイケメン男性が数多く登場し、世論として大多数から支持されている。韓国や日本の有名人に影響を受けた一般男性が、自分の肌が周りからどう思われているのか…自分自身の印象を見直す「きっかけ」として、メンズスキンケアを始めることは少なくない。

 

 

センスのいい香りは、さらにモテる?

 

男性スキンケアについて、女性からの好感度が高いことをお届けしたが、使用するメンズコスメの香りも実は見逃せないポイント。とりわけ「センスのいい香り」は女性ウケが良く、リアルなモテにつながることが期待できる。今回行ったアンケート調査では、メンズコスメブランド「MONOLOGUE(モノローグ)」の香りを実際に嗅いでもらい、このコスメの香りをつけている男性をどう思うか、具体的な印象を聞いてみた。

 

「爽やかでカッコいい男性がつけているような香り」

「彼の家にあったら自分も使いたくなりそう」

「すっきり・さっぱりしていてクセがない」

「おしゃれな人が使ってそう」

「清潔感があって、ニキビや肌荒れがない男性が使っているイメージ」

「スマートで大人っぽい印象」

「嫌な感じがしない、万人ウケする香り」

 

アンケート回答に多く見られたのは、「爽やか・すっきり・さっぱり」という清潔感やスマートさを感じさせるコメント。香りから人間像を想像するのは、男女共に変わらない人間の深層心理だ。例えるなら、甘ったるい香水のキツイ香りが目立つ女性より、ほんのり甘いやさしい香りがする女性の方が、上品で清楚な雰囲気だろうとイメージしてしまうのと同じ感覚だろう。

 

また、シンプルでおしゃれなMONOLOGUEのパッケージは、「クールでかっこいい」「男性らしさがありながらもユニセックスな雰囲気」「部屋に置いても違和感がなく、インテリアとしてもいい」「おしゃれで高級感がある」といった意見があった。デザインや香りは、そのコスメを使う男性の人柄や美的センスに直結する傾向があるため「スキンケアすれば正解」というわけではないようだ。

 

 

 

 

まとめ

 

SNSによるコミュニケーションが当たり前となり、リモートワークやオンライン会議が取り入れられるようになった今。世の流れと連動して「自分の顔」を見る機会が以前に比べて大きく増えている。そして韓流や美男子ブームから男性のスキンケアが注目される一方で、自分の身だしなみについて、男性自身の美容に対する関心が高まっているのも事実だ。

 

とはいえ前述にも記した通り、とりあえず肌ケアすれば周りからの好感度が上がるわけではない。今回の記事で紹介したように、選択するスキンケアコスメのデザインや香りから女性は男性の人柄や印象をイメージする可能性があること…、これを踏まえたスキンケア選びが大切だ。メンズスキンケアに興味がある方は、ぜひ参考にしてほしい。

 

SHARE