スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2019.09.03

小西麗のあれが好き 〜フルーツティー〜

  • Category GOURMET LIFESTYLE

 

コーヒーが好きだ。頭がシャキッとする気がして。

でも、コーヒーって難しいなと思う。味の機微を見分けるのもそうだし、豆の選び方も、淹れ方も、あんまり自信がない。おいしいけど、はたして私はそのおいしさを100%理解できているのだろうか。

 

その点、ティーはいい。フレーバーの違いは、コーヒーよりずっとわかりやすいし、淹れ方で大失敗もしない。味を選ぶのも、コーヒー豆ほど選択肢はない。好きな香りを選べばいい。ついつい集めてしまうので、うちにはいつもいろんな種類のお茶ストックがある。

 

先日、台湾へ行って驚いた。ティーの楽しみ方がうんと自由だ。

日本だとタピオカミルクティーの一強だけど、台湾では生の果実やフレーバーシロップを入れたフルーツティーが主流みたい。今までティーとかラテとか言われて想像するのは、紅茶とコーヒーだったけれど、あちらでは、緑茶、紅茶、烏龍茶、全部ティーだ。ティーラテも種類豊富に並んでいた。

台湾の街はドリンクスタンドの数も多くて、道ゆく人たちはティーを片手に闊歩していた。写真で手にしているのはパッションフルーツ入りのグリーンティー。緑茶を甘くする文化がないので、とても新鮮。紅茶よりもさっぱりしたあじわいだった。

 

私もいろんなティーを携えたけど、フルーツがごろごろと沈む、いろんな色のティーは持ってるだけでちょっと楽しい気持ちになった。今までレモンティー派かミルクティー派かと問われたら、圧倒的にミルクティー派閥だったんだけど、フルーツティーは台頭してきた。「タピる」人びとと浮き立つ心は同じかもしれない。

  

水に果物を入れた、デトックスウォーターは大流行したけど、フルーツティーはどうだろう? にわかにコンビニでちらほらと見かけるようになったので、普及に大いに期待している。つぎの夏には、フルーツティー、流行り物にならないかなあ。

モデル・ライター

Urara Konishi

ファッションモデルを経て、編集・ライター。三度の飯とブロマンスが好き。趣味はシール集めと模様替え。共著に『何処に行っても犬に吠えられる〈ゼロ〉』(百万年書房)、モデルから企画・編集を手がけたZINE『溶けかけのアイスクリームロマンス』。コンタクトはSNSアカウント記載のメールアドレス、もしくはアトリエMIRAIへ⇩

コンテンツをロード中
367 18 364 21 363 22 362 23 361 24 346 39 343 42 342 43 341 44 340 45 339 46 330 51 324 56 315 67 311 70 293 84 291 87 289 88 275 99 274 100 273 101 272 102 271 103 256 119 257 120 258 121 255 122 254 123 233 141 230 144 219 153 218 154 216 156 215 157 214 158 201 170 198 171