スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

  • 2017.10.23

    コラムVol.68『今年の大本命テキスタイル』

      ■2017 A/Wのチェック    秋冬の定番テキスタイルであるチェック。毎年様々なチェックが服や小物に展開され、最近では“BURBERRYチェック”の勢いも凄かった。そんな中、2017A/Wでひと際存在感を放ったのは、「グレンチェック」だ。グレンチェックとはグレナカート・チェック(Glenurquhart che…

  • 2017.10.17

    コラムVol.67『秋風とワンマイルウェア』

      出典:http://www.theamericanedit.com/introduction-sleepy-jones/   ■ラグジュアリーなラウンジウェア    大人になればなるほど、パジャマらしいパジャマは着なくなる。Tシャツやスウェットで部屋を過ごし、近くのコンビニ、スーパー、本屋には着替えずそのままの格好で出かける人もいる。プラ…

  • 2017.10.10

    コラムVol.66『“ベルテッド”アイテムに見る、イージートレンド』

      ■そもそも“ベルテッド”って?    ボリュームのあるロング丈ボトムスが定着し、それに伴いワイドベルトでのウエストマークが注目された今年。最近各ショップの店頭を見ると「ベルテッド」のボトムスが実に多い。そもそもベルテッドとは“ベルトが付いている”という意味。同素材で…

  • 2017.10.03

    コラムVol.65『進むバッグのミニ化』

      ■ミニ化の背景には    最近、バッグが全体的にミニ化している。以前は男女ともにリュックが圧倒的に人気で、それ以外のバッグでも、機能的で大きめなバッグを好む傾向にあった。その背景にはスポーティーなスタイルが流行したことはもちろん、震災やテロなどの不安定な情勢も関係し、いつ何が起こるか分…

  • 2017.09.20

    「ベンベルグ®大学」開講! 旭化成の新たな産学連携プロジェクトがスタート

        日本を代表する繊維メーカーと未来を担う学生のコラボレーション!   <ベンベルグ>って何だかご存じだろうか?高級裏地の「キュプラ」と言った方が一般的には聞こえなじみがあるかもしれない。実はこの<ベンベルグ(一般名:キュプラ)>、シルクや麻など、ほかの天然由来の繊維には真似の…

  • 2017.09.18

    コラムVol.64『2017 S/S トレンド総括』

      ■90年代リバイバルの勢い止まらず    昨年、2017S/Sコレクションが発表された時にリゾートスタイルとエスニックスタイルがトレンドの予測として出ていたのを覚えているだろうか。しかし、実際のストリートでは、刺繍アイテムや花柄の流行はありつつも、圧倒的に存在感があったのは90年代を彷彿とさせる…

  • 2017.09.11

    コラムVol.63『進化する、かごバッグ』

      ■豊富なバリエーション    「かごバッグ」で注目すべきはバリエーションの豊富さ。かごバッグといっても形は様々で、今年人気のバケツ型から以前は見る事がなかったピクニックバケットまで、個性豊かな顔ぶれだ。また、ナチュラルなかごバッグにあえて異素材を組み合わせたデザインや、ハンドルにスカー…

  • 2017.09.07

    「TGCの来場者から見る、2017 A/Wファッション」

      ■1930年・70年代のチェック柄ブーム再来か    今回のTGCコレクションで最も人気を博した柄は「チェック」。その中でもひと際目立ったのが、「グレンチェック」だ。グレンチェックは千鳥格子やごく小さな格子など、4種類の単位模様を規則的に並べて格子縞にしたもので、かつて公爵や貴族が愛用していたこ…

  • 2017.09.05

    コラムVol.62『“つっかけ”シューズ全盛期』

      ■「つっかけサンダル」ブーム    今夏はシャワーサンダル、ミュールなど、かかとのない「つっかけサンダル」が人気を集めた。ちなみに、“かかとのない”サンダルと靴をファッション用語でいうと、「バックレスシューズ」と言う。そんなバックレスシューズ共通の魅力は、かかとがないことでカ…

  • 2017.08.21

    コラムVol.61『レイヤードスタイルで脱マンネリ』

      ■新たなレイヤードスタイル    最近、ストリートを観察していて気になったのは「レイヤードスタイル」。これまでにも、ストリートで幾度となく流行ったが、今夏は一味違ったニューレイヤードが人気。具体的には、一枚で着られるような長めのワンピースにデニムやワイドパンツを合わせる。そしてウエスト…

  • 2017.08.18

    Meets Local, Meets Vintage produced by Saori Yokoyama

      Meets Local, Meets Vintage  produced by Saori Yokoyama   2017年8月4日〜30日 Meetscalストア青山店 (by PARCO) 11:00-20:00(毎週木曜は定休)    新しい発見を発信し続けるパルコ発の自主編集ショップとしてオープンしたMeetscal (ミツカル)ストアの青山店では、現在ヴィンテージ古…

  • 2017.08.06

    コラムVol.60『コンフォートサンダルに大型ルーキー現る』

      ■続くコンフォートサンダルブーム    数年前からコンフォートサンダルが人気を集めている。中でもいわゆるスポーツサンダルが今までの主流だったが、昨年辺りから徐々に注目されているのは「シャワーサンダル」だ。元々アスリートやスポーツ選手などが練習後に履けるサンダルとされ、名前の通り履いたま…

  • 2017.07.30

    コラムVol.59『2017 S/S 帽子トレンド』

      ■今季のトレンドアイテム    今季の帽子二大トレンドと言えば、「ベレー帽」と「キャプ」。この二つは秋冬に引き続きトレンドで、素材を夏仕様に変えながら、その勢いは止まらない。今季のベレー帽はメッシュ素材かストロー素材が基本。決めすぎのコーディネートには抜け感を、カジュアルなコーディネー…

  • 2017.07.17

    コラムVol.58『最近よくみかける“あのリュック”の正体』

      ■そもそもanelloって    街を歩いていると「anello(アネロ)」のマークが付いたリュックをよく見かける、と感じている方も多いのではないだろうか。イタリア語で「年輪」を意味するというanelloは、大阪のバッグ製造卸会社、キャロットカンパニーが14年12月に売り出したユニセックスのバッグである。2005…

  • 2017.07.12

    コラムVol.57『トレンドシューズの大本命』

      ■バレエシューズが人気の理由    ここ数年、フラットシューズと言えば、カジュアルなスニーカーやスポーツサンダル、マニッシュなオックスフォードシューズなどが主流だったが、今年は圧倒的に「バレエシューズ」である。リーズナブルな値段と、どんなスタイルにも合わせやすいベーシックな形が支持を集…

  • 2017.07.11

    マリリン・モンローも愛したミキモト

           パリ・ミラノの2016‐2017秋冬トレンドとしてコレクションで発表されていた「レトロロマンチック」は、1970年代のレトロテイストやロマンチックムードをベースにフェミニンさを加えたスタイルのことをいう。花柄ワンピースや刺繍、レースなどもその仲間で、ちょっと前まではダサいと思われていたシルエッ…

  • 2017.07.02

    コラムVol.56『ボリューム袖の存在感』

      ■加速する「ボリューム袖」    今季のトレンドトップスの共通点は、何と言っても「ボリューム袖」である。昨年から装飾的な袖のトップスが店頭に並んでおり、既に持っている方も多いのではないだろうか。今季も引き続き、素材や形を変えて出ている印象で、その勢いは止まることを知らない。特に最近は夏…

  • 2017.06.19

    コラムVol.55『レースが主役』

      ■今季の「レース」の特徴    「レース」と聞くと、可愛らしい、ガーリーなイメージを持つ人も多いのでは?普段、シンプルなテイストやカジュアルなファッションの人はなかなか取り入れにくい、と思うかもしれない。しかし、今季のレースはテイストを問わず、どんなスタイルにも取り入れられるようなバリ…

  • 2017.06.05

    コラムVol.54『2017S/Sマストカラー』

      ■今季注目すべき「イエロー」    今年の春夏物はハッキリした色が目立つな、と感じた方も多いのではないだろうか。今季は赤やピンクなど暖色系カラーがトレンドで、コレクションからの予測だとピンクが流行るとされていた。しかし、実際にストリートを観察してみると、圧倒的に目につくのは断然「イエロ…

  • 2017.05.23

    コラムVol.53『リバイバルした、懐かしきアイテム』

      ■トレンドアイテムとしての「ベルト」    トレンドアイテムとして、ベルトがこんなにもクローズアップされるのはいつ振りだろうか。それ程今春はベルトが注目されている。中でも今回取り上げるのは「ロングベルト」。昨年秋頃から街中で少しずつ目にしていたが、17S/Sのコレクションで多用されたことも…

  • 2017.05.09

    コラムVol.52『刺繍に夢中なワケ』

      ■今季のトレンドキーワードと「刺繍」    今季のキーワードとして外せないのが「ボタニカル」。コレクションでは南国のトロピカル要素を取り入れた、リゾート感の強いルックが注目を浴びていた。数年前からこの季節になると出てきているモチーフだが、ストリートをよく観察してみると今年のボタニカルは…

  • 2017.04.24

    コラムVol.51『最先端ボトム』

      ■スポーティーブーム    今、ストリートで最先端のボトムといったら「ラインパンツ」。着用者はクールな雰囲気のレディースに多い傾向だ。色はほぼ決まって白のサイドラインが入り、マキシ丈でルーズなシルエットが定番。近年はスカンツやスカーチョなど、空前のワイドパンツブームの中、次なるヒットア…

  • 2017.04.10

    コラムVol.50『キングオブスニーカー』

      ■続くスニーカー熱    ストリートファッションでは革靴の着用者が増えてきたとはいえ、依然として主流はスニーカーだ。ブーム火付け役のニューバランスから始まり、スタイリッシュなナイキ、スポーティーなアディダスと移り、現在は定番中の定番、「コンバース」に人気が集中している。中でもやはり「オ…

  • 2017.04.07

    ALBA ROSA LAB開設記念トークセッション「時代が選んだアルバローザの真実 」

      ALBA ROSA LAB 開設記念「アルバローザとその時代」   トークセッション「時代が選んだアルバローザの真実 」顧客・ショップ・デザイナーの視点から   2017年3月27日 ALBA ROSA LAB     モデレーター 渡辺明日香(共立女子短期大学教授)     パネリスト 浅田八千…

  • 2017.04.03

    コラムVol.49『脱地味、着こなしはベルトで変わる』

      ■トレンドの推移    最近、「太ベルト」を使ってコートやワンピースなどの上から巻いてウエストマークをしているスタイルをよく見掛けるになった。太ベルトは約10年前にも流行ったリバイバルアイテムだが、当時のデザインは編みこまれたエスニック調の物や、ゴム素材でフロントの金具を留めるタイプの物…

  • 2017.03.27

    コラムVol.48『春の最旬イット・ヘア』

      ■久々のヘアトレンド    約1年前にハーフアップトップノットを紹介して以来、特にトレンドが見られなかったヘアスタイルだが、今年に入ってから「外ハネヘア」人気が急速に拡大している。昨年の秋頃から次第に注目を集め、いま最も旬なヘアアレンジだ。         &nb…

  • 2017.03.20

    コラムVol.47『世界に一つだけのイヤリング』

      ■ブランドの魅力    2014年に立ち上がって以来、次第に人気を獲得してきた「ST, CAT」。ヴィンテージパーツを用いたハンドメイドのアクセサリーブランドだ。コンセプトは“未完成な繊細さ、ふと心の隙間に浮かんだ、形のない想い出のようなイヤリング”。イヤリングをメインとする他、ピアス…

FASHION FASHION

コンテンツをロード中
1 2 3 4