スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2016.07.18

コラムVol.23『開襟シャツ、解禁。』

  • Category FASHION

 

新たなトレンド

 

 昨年から注目され始め、今年本格的に人気を開花させた「開襟(かいきん)シャツ」。ストリートでは男女ともに支持されているこのアイテムの魅力とは一体何だろうか。

 

                

 

開襟シャツとは

 

 普通のシャツと何が違うの?そんな人もいるだろう。開襟シャツとはその名の通り、「襟が開いて見えるように仕立てられたシャツ」の事である。発祥はハワイのアロハシャツとも言われている。そう聞くとラフな印象を受けるかもしれないが、素材やデザインも様々なので“キレイめに着たい時用”など気分に合わせて選べるのも嬉しいポイント。また、50’sカルチャーには欠かせない存在であり、今トレンドの“ボーリングシャツ”も開襟となっている。

 

                

 

人気の理由

 

 なぜこの開襟シャツが今年人気を集めたのか。意外にも、以前のコラムで紹介した「Vネックカットソー」、「オフショルトップス」と同じ理由だ。この2つのアイテムとの共通点は“鎖骨が見せられる事”。そう、女性らしさを強調してくれるアイテムとして着用率が上がっているのだ。ストリートではベージュなどナチュラルカラーの開襟シャツに人気が集中した。肌馴染みも良いため、落ち着いた色気を求める人にはオススメだ。主流は無地のものであったが、主張のある柄物でも他のアイテムをシンプルにまとめ、首周りをスッキリ見せることにより、同等の女性らしさをアピールできる。逆にメンズではインナーにカットソーをレイヤードするのが基本。カジュアルに落とし込んで、色合わせを楽しんでいる上級者が多く見られた。

 

                 

 

  胸元が涼しげに見えるアイテムなだけに、これからの季節にきっと大活躍してくれるだろう。

コンテンツをロード中