スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2016.06.04

コラムVol.17『今季一押しの“推しパン”』

  • Category FASHION

 

ガウチョパンツの進化形

 

 昨年から継続して大流行している、ワイドボトム。ワイドスラックスや、ガウチョパンツを履いた女性が街中に溢れ、その人気に依然衰えを見せることがない。しかし、今季はパンツとスカートが融合した「スカンツ」というワイドを極めた進化形アイテムが誕生した。ちなみに女性ファッションブランド「MURUA(ムルーア)」がスカンツという造語の生みの親と言われている。

 

 

スカーチョも登場

 

 スカンツは一見ふんわりとしたスカートなのに、実はパンツという予想外のギャップが、新しもの好きの間で話題となった。昨年のワイドボトムはガウチョパンツが主流となったが、今年はスカンツ率が確実に増加。ちなみに、[ガウチョ]×[スカート]=【スカーチョ】というアイテムも、同タイミングで登場。パンツの“フレア化”が著しく上昇している。

 

 

自分好みの一着を

 

 ボリュームがあるアイテムなだけに、タイトでコンパクトなトップスが合う。ストリートでは無地のカットソーで、極力シンプルに仕上げている人を多く見掛けたが、オススメは今季トレンドのレーストップス。グッと“今っぽさ”が出せるから試してみて欲しい。ワイドシルエットにより存在感はあるが、クセは強くないため、合わせる相棒に困らないのも嬉しいポイント。また、各ブランドからこぞって発売されているアイテムなだけに色や素材も様々。ガーリー派からはピンクやグレージュ、クール派からはカーキやブラックが支持を得ている様子だ。g.u.からはなんと\1990のスカンツが発売され、色違いで揃えるのもありだ。

 

            

 

 年々と流行が移り変わっていくボトムス事情。次はどんなファッションアイテムの“造語”が生まれるのか注目したい。

コンテンツをロード中