スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2019.08.29

コラムVol.112『夏アイテムの新定番』

  • Category FASHION

 

 

 

「リバイバルされたカンカン帽」

 

 近年の帽子事情はベレー帽やキャップがメインだったが、今夏は「カンカン帽」が復活の兆しを見せた。以前流行った2009年~2010年の時は「森ガール」のスタイルと相性が良く、「かわいい」ものとして流行った帽子だった。しかし今期復活したカンカン帽は、以前の「かわいい」とは一変し、大人クラシカルな雰囲気のものがトレンド。顎下で結ぶロングリボンのデザインが主流になっている。「ダサい」、「農作業っぽい」そんな印象を持たれていたはずのカンカン帽は今夏のファッションに欠かせないアイテムとなった。

 

 

 

「バッグの筆頭トレンド」

 

 2018年頃から注目が集まり、カゴバッグをおしのけ夏小物の新定番となった「ネットバッグ」。正式な名称はフィッシュネットバッグで、漁師が漁業のときに使う網に似ていることから、そう名付けられた。網目状の袋で、一見すれば中身が飛び出しそうで、何かしらの袋を入れなければバッグとして成立しない。しかし、中に入れる巾着袋やアイテムで個性を出せることが話題になり、街中で見かけない日はない程、人気アイテムに。主流の色はアイボリーだが、最近はブラックやシルバーの色も登場し、カラーのバリエーションが広がっている。また、持ち手だけ革で作られた物も出てきて、今後デザインも進化していくだろう。

コンテンツをロード中