スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2019.06.24

コラムVol.109『深化するセットアップ』

  • Category FASHION

 

 

 

「始まりはK-POP」

 

 今や定番のファッションともなった「セットアップ」。TGC2019でも多く見かけたファッションの一つだ。元々は、フォーマルな場でのメンズの格式高いファッションで、式典などの時に広く用いられていた。メンズのイメージが強く、スーツが由来ともされるセットアップは、今やレディースファッションの定番に。日本でもカジュアルなファッションとして広がったのは、K-POPに影響を受けたとも言われている。

 

 そしてK-POPアーティストたちが着こなすセットアップは瞬く間に世に広がり、“日本のファッション経済を作り出している”と言われる韓国ファッション通販に登場。「韓国系ファッション」として、日本にも一気に拡大した。多様化する現代のファッションは、K-POPから生まれたものも多く、日本の女子たちの感性の鋭さは、世界でも関心が高い。

 

 

 

「セットアップの展開」

 

 ストリートではセットアップの種類やカラーも多くなり、パンツとジャケットのスタイルだけではなく、ミニスカートやショートパンツとジャケットの組み合わせも定番化。また、ここ1年ほどの流れとしては、従来のジャケットスタイルだけではなく、ビスチェとロングスカートの物も展開して幅は広がっている。

 

 2019年に注目されているのは、“大人・綺麗め・リラックス”なセットアップ。少し緩めのシルエットのトップスに、タイトなスカートの組み合わせや、リブニットキャミソール・パンツ・カーディガンの3点セットアップなど。綺麗め大人に着こなせるデザインやシルエットが多く、“ファッションの大人化”にも拍車がかかっている。素材はナイロンやコットンなどではなく、通気性がよく夏によく登場するリネンが流行っている。全体的なテーマが、「リラックス」、「リゾート」をテーマにTGC2019でも多くのランウェイで披露された。リネン素材に、少し緩めのシルエット、綺麗めに着こなすのが2019年のセットアップのトレンドと言える。

 

 

 

 街を歩けば、必ずと言っていいほど目にするセットアップのコーディネート。同じように見えてこだわりの部分は細かく、素材・トレンド・組み合わせなど多岐に渡る。中には、一見するとセットアップに見えないようなアイテムも多く、展開の速さと広さに脱帽するばかり。固定観念にとらわれず、ファッションやメイクにも自由度の増した現代。感性豊かな世代と発達したSNSが、これからも深化したセットアップを産み出してくれるだろう。

コンテンツをロード中