スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2017.10.23

コラムVol.68『大本命テキスタイル』

  • Category FASHION

 

2017 A/Wのチェック

 

 秋冬の定番テキスタイルであるチェック。毎年様々なチェックが服や小物に展開され、最近では“BURBERRYチェック”の勢いも凄かった。そんな中、2017A/Wでひと際存在感を放ったのは、「グレンチェック」だ。グレンチェックとはグレナカート・チェック(Glenurquhart check)の略称で、細かい格子を組み合わせた生地で作られるチェック柄のこと。イギリス皇太子ウェールズ公が好んだことから、ブリティッシュスタイルの代名詞とも言われている。英国調のトラッドスタイルがビックトレンドの今季。落ち着いた色味と柄で、マニッシュな印象を与える、グレンチェックが取り入れられるのは必然だった。

 

 

グレンチェックの魅力

 

 小さな格子が集まってできているグレンチェックは、面積が広くてものっぺり見えないのが魅力。また、落ち着いた雰囲気で主張が強すぎないため、幅広い年代、スタイルに受けいれやすいことも大きい。例えば、スカートスタイルが苦手な人もマニッシュな印象で落ち着いた色味のグレンチェックであれば気軽に履けるだろう。更に、秋に着たくなるこっくりした色合いのトップスや、ベレー帽やバブーシュなどのトレンドアイテムとも合わせやすい。

 

                 

 

ストリートでの傾向

 

 ストリートに目を向けると、スカート、ワイドパンツでの着用率が高い。また、ビスチェやジャケットなど、トップスにも大胆に取り入れてセットアップ風に着るのも今季に見られるスタイル。コレクションでは「Paul Smith」や「ALEXEANDER WANG」のグレンチェックのセットアップも記憶に新しい。一方、差別化したいファッショニスタは、上品でカチッとした印象のグレンチェックを敢えてカジュアルアイテムと合わせている。Tシャツやスニーカーなどを取り入れて、思いっきり着崩していたのが印象的だった。一見ミスマッチなカジュアルアイテムも色や形をシンプルにまとめれば、グレンチェックの魅力を更に際立たせてくれるようだ。このようにグレンチェックは幅広いスタイリングを楽しむ事ができる万能なテキスタイルだと言えるだろう。

 

 

 今年のビックトレンドのトラッドスタイル。気軽に挑戦しやすいグレンチェックから楽しんでみるのはいかがだろうか。

コンテンツをロード中