スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2019.04.02

小西麗のあれが好き ~柄モノ~

  • Category FASHION

 

気分はすっかり春である。

気分にひっぱられて、薄着をして出かけた夜はちょっと後悔する季節に突入した。

 

 春を感じると、どうしても柄モノが着たくなってしまう。花柄とか、明るい色合わせのものが多いからかな? 柄って、ワンピースみたいなふわっとひらっとした服と相性がいい。重たいコートの裾からひらひらと明るい色のスカートを覗かせたり、したいなあ。 柄モノの吸引力は恐ろしくて、かわいい!すき!と思ってしまったら、多少シルエットがおぼつかなくても欲しくなってしまう。 着たときと掛けてあるときの印象が違うのも憎らしい。遠目に見たらピンクが絶対にすきだけど、試着したら絶対ミドリ!というセルフ確変がよく起こるのは柄モノである。

 

 

 私は、季節ごとにスカート、パンツ、トップスにベーシックで無地のアイテムを持つようにしている。 心置きなく柄モノを着るために、いつ運命の柄モノに出逢っても困らないように。でも、柄モノってワンピースが多い……。私のワードローブには、こんなにおとなしい顔のお洋服がたくさんいるのに、「いつも柄モノ着てるよね」と言われがちだ。これは柄好きあるあるだと思う。 ファーコートの下に派手な柄のワンピース、というのが冬の最高のおめかしだった。

 

 

 そろそろコートを脱いで、思う存分お気に入りのテキスタイルを見せびらかして歩きたい。 並べて写真を撮っても、やっぱり惚れ惚れしちゃう。柄モノはやっぱり一目惚れで購入したい。今年に着るなら、やっぱり足元はスニーカーかな。厚底のダッドシューズなんかがいいな。まだまだ肌寒いけど、短い靴下と合わせたい。

 

 カバンが小さい方が可愛いのと同じで、服も薄着な方が可愛いのだ。 でも可愛いだけじゃ生き残れないので、すべての季節先取りおしゃれさんには、ちゃんとユニクロのうすーいダウンなどを隠し持っていてほしい。これはライフハックである。

モデル・ライター

Urara Konishi

ファッションモデルを経て、編集・ライター。三度の飯とブロマンスが好き。趣味はシール集めと模様替え。共著に『何処に行っても犬に吠えられる〈ゼロ〉』(百万年書房)、モデルから企画・編集を手がけたZINE『溶けかけのアイスクリームロマンス』。コンタクトはSNSアカウント記載のメールアドレス、もしくはアトリエMIRAIへ⇩

コンテンツをロード中