スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2018.04.04

Trench Coat

  • Category FASHION

 

 

「年々様変わりするトレンチ」

 

 日を追うごとに穏やかな気候になってくるこの時期。だが、夜はまだ寒く何か羽織らないと過ごせない毎日。そんな微妙な時期に活躍し、今ファッショニスタがこぞって群がっている春アウターが「トレンチコート」だ。 さて、この聞きなれている“トレンチ”だが、改めて説明すると、戦闘時に敵の攻撃から身を隠すための“塹壕(ざんごう)”を意味する英語で、第1次世界大戦中、イギリス軍の兵士が塹壕の中で着た防水性のコートに由来しているとされる。ディテールに軍服の名残が残っているのもその為だ。そんな重厚なイメージの強かったトレンチコートだが、近年は毎年のようにデザインが変化し、かつてのトレンチとは一味違う物になっている。

 

 

 

「これであなたもブリットガール」

 

 今季のトレンチコートのイメージは、“カジュアルでルーズ”なもの。それもそのはず、世はまさにビッグシルエットやオーバーサイズブーム。冬の流行アウターを振り返っても、ノーカラーコートや、ガウンコートなど、ゆったりとしたシルエットなものばかりだった。それを考えれば、トレンチがルーズな着こなしになるのは必然と言っていいだろう。また、セットアップやチェックなど、流行アイテムに見られる共通項は“ブリット(英国風)スタイル”。カジュアルな素材でもモダンで上品な雰囲気を漂わせられるのが魅力だ。

 

 

 

「着回し力抜群」

 

 更に画期的な「2way(3way)トレンチ」も注目されている。ファッションは自己表現と言われるが、実際はTPOを考え、適した服装に変えているはず。そんな様々な変化に2wayは対応できる。何かと出費が激しい春は、コートばかりにお金をかけるわけにはいかない。そこで、お気に入りのコートが、トップスやスカートに早変わりすれば、財布の負担も軽くなる。2wayアイテムは、ファッションに対して合理的になったミレニアムなストリート世代にとって、必要不可欠なアイテムになりつつある。

 

 

 

 

 ストリートで人気のカラーは定番色の「ベージュ」。今季はカーキトレンチがもっと増加すると推測していたが、絶対数としてはまだ少ない。「春らしい」、「合わせやすい」、「初心者でも扱いやすい」というキーワードとなると、やはりトレンチではベージュに勝るカラーはないだろう。

コンテンツをロード中