スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2016.04.15

MORIPARK OutdoorVillage

  • Category culture

日本初のアウトドアに特化した複合商業施設

MORIPARK OutdoorVillage

 

 元々は滑走路もあった昭和飛行機工業の広大な敷地。戦後、同社は工場跡の広大な敷地を活用した様々な事業を展開し、この一帯を「昭和の森」として 開発を進めてきた。そして現在JR昭島駅北口には、ライフスタイルにこだわりを求める人達をターゲットの中心におき、「Quality of Life をより豊かにする」をコンセプトとした「MORIPARK OutdoorVillage」を展開中だ。

 

 開発にあたっては、昭島という地域の特色に目を向けたという。東京都の地理的な中心は立川にあたり、そこより西には、御岳山、秋川渓谷、奥多摩といった自然のフィールドが広がり、昭島はその玄関口ともいえる。そこで、ここをアウトドアの入り口と位置づけた。

 

  2015年3月13日にオープンした「モリパーク アウトドアヴィレッジ」は、この春1周年目を迎えた。1年目のゴールデンウィークには来場者が1日約10,000人に達し、通常の休日でも8,000~ 10,000人、平日は3,000~4,000人という盛況ぶりで、このまま人気は定着しそうだ。

 施設内には17店舗あるテナントの内、ウェアやグッズを扱うブランドが14もあり、ファッションからアウトドアに興味をもった人たちでも充分に楽しめる。アウトドアヴレッッジでは、今後もアウトドアのすそ野を広げる施設として、そういった人たちにもたくさん来場してもらいたいという。

 

 施設内の店舗は、どこもアウトドアの広いフィールドのように、ゆったりとしたスペースで、開放感に満ちあふれている。日本最大級規模のものも多く、 「Coleman」「snow peak」「THE NORTH FACE」「mont-bell」は、いずれも国内最大級の直営店となっている。また、その売り場面積の広さを生かし、それぞれが独自の世界観を思う存分に創ってみせているのも魅力。

 

 ブランドの世界観を表現するには、当然商品フルラインナップでのプレゼンテーションが必要となるため、店内はどこも洗練され、おしゃれでありながらも必要な物はすべて揃う。さらに、どのスタッフに尋ねても親身に詳しく商品説明をしてくれるのは、直営店ならではの強みだろう。

ショッピングセンター等では売り場面積も限られているため、売れる物しか置かず、商品が雑多に並べられていることが多い。加えて、代行スタッフが商品販売をすることもあるため、商品の魅力を上手く伝えられなかったりする。しかしながら、直営店による直営のスタッフが直接お客様に商品説明をすることで、その魅力を最大限に伝えられるのだ。

また、例えばキャンプ用品を専門に扱っているColemanなどは、狭い空間ではアイテム単体ごとにしか見せることができず、そのアイテムを実際に使う場面を想像させることは難しい。だが、この広いスペースを使えば、それを場面として提案することができ、テントの中にテーブルと椅子があり、そこにランタンを置いて・・・といった全体の空気感も伝えることが可能だ。

 

 アウトドアヴィレッジ全体も、買い物だけでなくアウトドアを楽しむための様々な工夫が凝らされた、アウトドアを体感・体験できるスポットとなっている。

カヌーの試乗ができる池や芝生広場、ウッドチップを敷き詰めた緑あふれる200mのミニトレッキングコースなどもあり、ところどころに切り株や岩なども置かれている(これはアウトドアシューズの試し履きにも意味のあること)。さらには木製のデッキや夜のライティングにいたるまで、すべてが人に優しく、中にいると時を忘れとても癒される。そして、この施設のシンボル的な巨大クライミングウォール。これは、国際競技大会基準を満たした本格的なもので、先端部分が130度以上も曲がる。近年クライミングが人気を集める中、クライミングする場所は屋内か山の中でやるのが一般的。しかし、それでは誰も見てくれないので寂しい。だが、ここでは皆から注目を浴びながら、一帯の景色まで楽しめる。

 

 また、毎週さまざまなイベ ントも行われている。テントの張り方教室を開いたり(coleman)、ワークショップでウッドのキーホルダーや模型の飛行機、椅子などを作ったり、天体望遠鏡による観望会、キャンピングカーフェスタなどなど。今年のGW も、キャンプ気分が楽しめるテント展示や奥多摩の魅力を伝える「森のしごと体験」など、親子で楽しめるプログラムが盛りだくさん。ぜひ家族や仲間たちと一緒に参加してみてほしい。

 

 アウトドアヴィレッジでは、これからもアウトドアの入り口として、もっと気軽にアウトドアが楽しめるよう、おしゃれ度合いの高い施設を目指して、良いモノ、優れているモノを扱ってゆきたいという。

 

 

 

モリパーク アウトドアヴィレッジ MORIPARK OutdoorVillage 

〒196-0014 東京都昭島市田中町610-4 TEL. 042-541-0700

平日    11:00 ~ 20:00
土日祝    10:00 ~ 20:00
定休日    水曜日(水曜祝日の場合は翌日休み)

コンテンツをロード中
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19