スタイルアリーナは一般財団法人日本ファッション協会が運営しています。

2018.01.18

“到东京奥运的壮观场面”第一届“日本武道馆” – 神永的眼泪

  • Category culture

 

“到东京奥运的壮观场面”第一届“日本武道馆” – 神永的眼泪

 

东京熟悉的景象在知道藏在那里的历史,人们的生活方式和面貌时,就会突然闪现。
曾经在东京奥运会上,这是一个提高国家声誉的地方,但是对于那些提出了各自命题的人来说,它成了一个有生命的伟大工作的地方。

1964年,日本武道馆成为奥运会柔道比赛场馆。
在法隆寺拍摄的八角形建筑中,不久就充满了尖叫声。
有许多的体育竞赛,但是日本不容许失去的东西是柔道竞争,预计会有一枚金牌。

 


在不分青红皂白的决赛中,日本是以天才柔道运动员(179厘米,105公斤)而闻名的上野中男(Akio Kaminaga),另一位是荷兰巨人安东尼斯•约翰内斯•杰辛克(Antonius Johannes Geesink)(195公斤)。比赛开始九分钟(当时每场比赛10分钟),武道馆冻结了。 Kaminaga的尸体在Geesink下。柔道的基本精神灵活地抑制硬度。然而,Geesink是一个刚性和灵活性相结合的怪物。
电视机前的观众,柔道官员,每个人都不停地哭泣。似乎没有一场比赛给奥运的失利带来这样的无望。
但是,如果神奈那赢得了这场比赛,Geesink指出,为了只有日本人能赢,柔道才能从奥运会中被取消。
日本武道馆即将进入装修工程,但装修完毕后,看到这次将展示什么样的比赛是愉快的。

 

 

小説家・テレビ番組プロデューサー

Akira Imai

元NHKエグゼクティブプロデューサー NHKディレクターを経て教養番組部特集班プロデューサー、エグゼクティブプロデューサーなどを歴任。 2010年より、小説家として執筆活動開始

【著 作】
「赤い追跡者」(新潮社)、「ガラスの巨塔」(幻冬舎)、「ゆれるあなたに贈る言葉」(小学館)
【制作番組】
プロジェクトX挑戦者たち(196本)、NHKスペシャル「タイス少佐の証言」など
【受賞作品歴】
〇文化庁芸術作品賞受賞  NHKスペシャル「タイス少佐の戦争」により
〇日本ジャーナリズム会議本賞  NHKスペシャル「埋もれたエイズ報告」
〇ギャラクシー最優秀賞  「弁護士中坊公平」
〇菊池寛賞  「プロジェクトX 挑戦者たち」の社会的反響、および関連出版「リーダーたちの言葉」のヒットに対して
他受賞多数

コンテンツをロード中